ディーラー車検と民間車検、フランチャイズ車検の違い
2017.05.24

かわいい車のイラスト車を購入した自動車メーカーのディーラーや、民間の整備工場、フランチャイズの車検専門店など、車検を受けることのできる場所は様々です。愛車の車検時期が近づき、どの業者に頼もうか迷われている方も多いかもしれません。では、上記に挙げた3つの車検可能業者には、具体的に整備内容や費用など、どのような違いがあるのでしょうか?
まずは自動車メーカーのディーラー車検。実際に車を購入した店舗であれば、車検時期をハガキや電話などで案内してくれますし、担当者の方がいるのでより安心ですよね。一般的には費用がやや高めなようですが、それも整備基準が高いからこそ。部品が耐用年数に達していなくても保障等の関係で正規品に交換する場合が多い為、より高い安全性を保てると言えるでしょう。自社で作っている車種に関しての知識は当然深いでしょうし、修理技術にも期待が持てます。
それに対して、比較的手頃な価格で車検を受けられるのが、民間の整備工場です。「○○モータース」などと看板を掲げた店舗を街中で見たことがあると思います。小さいものから大きいものまで店舗の規模は様々で、指定工場、認定工場の二種類があります。指定工場であれば、点検整備から車検までを自社の工場ですべて行うことができますので、より安心でしょう。リサイクル品の部品を一部利用したりすることで、費用を抑えることも可能であったり、幅広い車種に対応してくれるのがメリットと言えます。ただし、土日祝は営業していない店舗も多いので、車検日を決める際は注意が必要です。
そして、そのような町の整備工場が全国展開したのが、フランチャイズ化された車検専門店です。価格設定が明確で分かりやすいことに加え、作業を徹底的にマニュアル化することによって非常にスピーディーな点検が可能となっています。どこの店舗でも一定水準の整備技術を期待できるのも、車検を専門に行う業者ならではのメリットと言えるでしょう。愛車の点検に実際に立ち会うことが出来たり、早期に予約することでの割引、無料での代車貸出など、オプションサービスが充実しているのも魅力です。
上記に挙げた三種類の他にも、ガソリンスタンドやカー用品店など、現在車検を受けられる場所はかなり多様化しています。大切な相棒である愛車を長く乗る為に欠かせない車検。費用面、技術レベルの安心感、サービス内容などをふまえて、自身の求める条件に合う業者を上手に選びましょう。

▲ ページトップへ